10代の学生が授業中に眠くなるのはストレスが原因かもしれない

10代の学生が授業中に眠くなるのはストレスが原因かもしれない

10代の学生が寝ても眠いと感じる原因としては、思春期になるとホルモンバラスが変わることや、学生生活と言う新しい集団生活を迎えることによる疲労や感情の変化などが考えれるらしいです。

しかし、だからこそ、10代が寝ても眠いと感じる原因は、「ストレス」であると言う記事を見かけましたのでご紹介いたします。

10代は学生だし若いから、ストレスや疲労を溜め込んでも、寝ればすぐに改善すると言うのは間違いだと、その記事では主張しています。

なぜなら、10代は育てられているため、自由な行動がとれないにも関わらず、様々な事を強いられているため、社会人になって自由の中で活動していく人達よりも、ストレスが大きいのではないかと指摘しています。

厚生労働省から若者に向けたメンタルヘルスブックが発行されていることも初めて知りました。

ストレスは大人ならではの病気ではないことを改めて理解することができました。

【睡眠の質ではない】寝ても寝ても眠い10代女性の原因

年代に関わらず、睡眠を阻害する要因は、ストレスであるのだなと感じました。