キャッシングを完済したときの話

キャッシングを完済したときの話

若いころに、ある銀行系のキャッシングの契約をしました。限度額は10万円。
急ぎでお金が必要で作ったのですが、意外にすぐ作れて驚いたものです。

あまりに気軽に作れたせいか、つい借りすぎてしまい、いつのまにか限度額に到達。
ずいぶん昔なので忘れましたが、月々の最低返済額は4000円程度だったような気がします。

返済時は、かならず最低返済額以上の金額を返すようにしてはいたのですが…なかなか減らないものですよね。
しかも困ったときはつい使ってしまうため、結局は借りては返し、の繰返し。
便利ではありましたが、こういうものはよほど意思が強くないと短期間での完済は難しいんだなと痛感したものでした。
結局数年だらだらと使ったのですが、あるとき思い切って全額返済し、解約しました。

その後別のキャッシングなどをしたりもしているため根本的には解決できていないのですが、なんとなく、ときどきそのカードのことを思い出します。
利息をだらだらと払い続けることがないよう、やっぱり、多め多めに返済していかなければいけませんね。